2019.10.12(土)




🇺🇸2018年11月16日

監督:ピーター・ファレリー

出演:ヴィゴ・モーテンセン

  マハーシャラ・アリ

  リンダ・カーデリーニ


  



なんとなく平和な 日本で生まれ育ち、

現代を上手いこと生きている私には

到底理解できないような、ひどい歴史がここにはあるのだなーと。


肌の色が違うというだけで、

ホテル、お手洗い、レストランは利用出来ない。

何もしていないのに警察に捕まる。


これが事実だったと、人種の差別があったと、

教科書では習っていても、何にもピンと来ていなかったな。


大昔のことと思っていたけど、

この映画の時代の時点で、60年前。

私が生まれた年から遡ると、ほんの30年前。



悲しい。



それでも、トニーとシャーリーは、徐々にお互いを理解しあって、ケンタッキーフライドチキンを食べながら笑い合うシーンはとても印象的だった。


アメリカ南部の差別がまだまだ根強く残っている土地(シャーリーは差別は土地のせいじゃないと言っているけど)で、最高の演奏をし続ける勇気と、どんな扱いを受けても我慢する姿に、とても心動かされた。




いろいろと考えさせられる映画だったな。

すごく思い出に残る一作になった。

定期的に見なければ。



おわり。

タグ

好きなコト、モノ、バショ。
備忘録。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事