1回も認めてくれなかった、わたしのお気に入り

「またそれ履くの?俺とじゃないときに着てよ」

いっつも言われてたけど、無視して履き続けてたら何にも言われなくなった


なぜかわからないけど、君とだから着たくなったの

やっぱりお気に入りを着ているあたしを見てほしかったんだよね


何にも言われなくなったのは、認めてくれたんじゃなくて、関心がなくなったから

そう気がつくのがもっと早かったら

お気に入りがお気に入りじゃなかったら

なんて、ヒョウ柄のスキニーに話しかける

タグ

だれかの人生、生活にそっと寄り添う言葉を。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事