腎不全の進行からの食欲不振。

身体の中の毒素がうまく排出できない事から

ずーっと二日酔いのような状態にあり、

気持ち悪くて食べられない。

食べないと体力も落ち栄養失調になり、

ますます腎臓に負担をかける

という悪循環。


腎臓病のための療法食は、

低タンパク質、低リンに調整されたフード。

本来はそれを食べさせるのが

ベストなのだが、

お腹が緩くなりやすいとの事で、

うちの犬にはハイリスク。


今、何を優先すべきか。

とにかく食べてもらう事。

手を変え品を変え、少しずつ

新たなフードを混ぜながら試すも、

長続きせず。

昨日は食べたのに、今日は食べない。

毎日、今日は食べてくれるだろうかと

ドキドキしながらご飯の準備をする。

体調をこれ以上悪化させないために

気持ちは焦るばかり…


腎臓に負担をかけない、

という事よりも

とにかく食べてもらうのが最優先、

と、友達からのアドバイスで

たどり着いたのがジウィピークだ。

ジャーキーを小さくちぎったような

形状で、エアドライ製法という

柔らかいフード。

見た目はほとんどオヤツだ。

通常のドッグフードと違い、

肉の含有量が多く高タンパクなので、

与える量は通常よりかなり少なく済む。

そして消化にかかる内臓の負担も

少ないというメリットもあるらしい。

ただ、ネックは高タンパクである事。

腎臓病の犬に与えるのは危険レベル。

そして何より、かなり高額なので

買い続けるのは厳しい。

それでも唯一、喜んで食べてくれる

救世主のようなフードだ。


点滴と投薬で、

なんとか腎臓の数値を下げて

早く食欲を戻してあげたい。

頑張ろう!

タグ

犬2匹、猫2匹と暮らしてます

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

AMAIL

Mai

2019年12月07日

ootd

Mai

2019年12月07日

ootd

Mai

2019年12月06日

ootd

Mai

2019年12月05日

ootd

Mai

2019年12月04日

ootd

Mai

2019年12月02日

ootd

Mai

2019年12月01日

すべての新着記事