これは、妹と散歩をしていたときの空。

あまり綺麗な話ではないのだけれど、

私の癖で、可愛いものとか、美しいもの見ちゃった時にはよだれが出ちゃうんだけど、この時はなんだかおいしそうだなあと思っていた気がする、気がする。


これは私にとって唯一無二の、特別な夏祭りの空。

全く関係ない町なんだ、知らない人たちだけの、

でもあの独特の匂いと、初対面のおばあちゃんが作ってくれる唐揚げ、ずっと大好きなんだ。

これは、多分今の自分になった時の空。

嫌だけど、すごく好きなんだ、この空

嫌な理由は恥ずかしいから内緒だけどね、こんなところに私は来たかな?って今でも思うよ。夢だったんじゃないのかなあ。どんな匂いだったかな、


これは、夜の、公園の空。

風の匂いが特別なんだ!この時間は。

いいや、今体験しても、あの匂いは戻らないけど、

でもすぐに思い出せるよ!誰と過ごしたかは覚えていないけどね。また来ないかなあ、風。


タグ

文字

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事