現在、絶賛人生の迷子。

まぁ迷子も楽しいか、と思うようになってきた今日この頃。


昔から親の期待に応えて「優等生」になりたがっていたなぁって。


小中学生では学年トップの成績を求められたり

個人懇談で先生に「どうやったらあんないい子が育つんですか!?」って言われて帰ってきたお母さんのことだったり

私立はお金がないからだめで、公立の(自称)進学校にすすんだりとか

デザイナーになりたかったけど堅い仕事に就く為にそこそこ名の通る女子大に進学したりとか


これってたぶん、親のためだったんだよね。


自分のためでもあったんだろうけど、

今それで残ってるものってないもん。


この先は自分の好きなように生きていきたいな、と思う。



ミスiDを受けようと思ったのは、ほんとに些細なこと。

言わばちょっとした自分試しがしたかっただけ、と言われてみればそう。

去年も軽い気持ちで応募して書類選考通過。

二次はカメラテストで東京まで行かなきゃいけない、っていうので怖気付いて辞退の連絡をした。


今回はもうヤケクソだった。

就活無理だったら、とか色々考えて、ほんと何となく。

この場だったら普段言えない想いとか夢とか

晒し出しても許されるんじゃないかと思った。


でもいざ通過の連絡を貰うとすごく悩んだ。

わたしには過去のファイナリストの方々のような個性も特技もないのに、

参加するだけ無駄なんじゃないだろうかって。


さんざん悩んでいた最中、第一志望の企業からお祈りメールが届いた。

2年間ずっと、ここって決めて就活してたのに。

最終選考まで進んでたから、絶望が凄かった。

と、同時にすごく悔しくて、いつか絶対この企業に転職してやるって思った。


けどその先がない。

その企業は半導体を作ってるらしい。

微塵も興味が無かった。

ただ仕事内容が楽で福利厚生が良くて有給がすぐ取れて大手企業だったから、っていう理由しかなくて。


なんだかすごく意味の無いものに思えた。


やれることはやった。

じゃあ方向を180度変えたっていいだろう。



というわけで、二次に進む決意をした。

カメラテストでダメでセミファイナリストに進めなかったとしても

この決意こそがわたしを変えるきっかけになったし

ひとりで東京に行ってまたなにか気持ちが変わるかもしれない。

もちろん進めたらうれしいけど、また逃げたくならないか心配。


特別顔が可愛い訳でも

楽器が弾ける訳でも、歌が上手い訳でもない。


自信はどちらかというとないけど

やれるだけやってみたいな。



あと、なんか同じ志の女の子と友達になれたらいいな。がんばろう。楽しもう。


こんなワクワクした気持ちになれるなら、

たまには迷子になるのもアリだなぁ。

タグ

🐏🌙
hyogo¦( 21 )
ロマンチックに生きていく。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

#2107 知らない世界へ

真白クレア

2021年07月30日

New release

本山 さくら

2021年07月28日

ZARA購入品🌷

Mai

2021年07月27日

購入品🍒

Mai

2021年07月19日

うつ病の後に実際復職して思うこと

リード真珠

2021年07月14日

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

すべての新着記事