昨日からめっちゃ暑い。

AM9:00

皆さん 水分補給忘れず。




Instagramにも載せたんだけど、現代の食事の傾向(いわゆる糖質が多いとか、血糖値気をつけましょう)を医学的な面から見た本を読んで早速実践。

あれこれ難しいことはなくて、色々書いていた中で


間食をちょこちょこ食べる。

(食塩抜きのナッツやカカオ70%以上のチョコレート)

菓子パンやジュース、清涼飲料水は飲まない

大豆や豆類の植物性タンパク質、【カルノシン】が含まれている鰻・鶏肉・マグロを食べる


この辺りから始まめてみようかと思ってる。


間食をちょこちょこ食べる。

もちろんドカ食いはダメだし、おにぎりやパンにすると意味がないんだけど(血糖値)の上下が安定する。

朝食や昼食のご飯を食べる。

→血糖値が上がる(ハイになる)

→血糖値を下げて安定させる為に膵臓からインスリンなどが分泌。

→膵臓が張り切って血糖値を下げ過ぎる【集中力が続かない、眠気があるこういった状態】

この振り幅が少なくなるべく安定している方がいい。一日のパファーマンスも上がる。


菓子パンやジュース、清涼飲料水を飲まない

これはもう単純に「糖質」が多いから。

缶コーヒーや野菜ジュースも角砂糖〇〇個分!って量が入っていて、糖は依存性も強いから。

あと果物も糖質(果糖)が多いから朝食に食べるのがいい。

糖質が多いと太る原因になる「カロリー」≠「糖質」だから。


大豆や豆類の植物性タンパク質、【カルノシン】が含まれている鰻・鶏肉・マグロを食べる。

糖質を控えていけば肥満も抑えられる。糖化や酸化が抑えられれば見た目め老けない。

あとはそれらにいい食品を積極的に摂るだけ。



他にも

食事の順番、一日水2リットルが理想とかあるんだけど少しずつ改善したいからまずはここくらいかな。

正直、身体に不調はない。至って健康だしイライラも少ない。だけど"より良く"なるなら実践してみたいしそれが"食事"という自分のフィールドなら尚さら。

美容やアンチエイジングとか健康に直結するもっと勉強したいなとも思えた!笑 

(おネェじゃないからな!)



※※凄く簡単に書かせてもらってて、もっと細く言えば意味合いも少し違ってしまうから!概ね間違いではないけど※※

これが昨日読んだ本

医学が教える食事術

タグ

junya.
Va où tu peux, meurs où tu dois
〜行ける所まで行き、死ぬべきところで死ね〜
LIFEの真ん中に「食・本・緑・宿」を据えていく。
【Twitter】https://mobile.twitter.com/UNDER_NORTH

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2019年08月23日

撮影、暑い、美しい生き物

カヤノ

2019年08月23日

ブボバルセロナ

Risa Yoshida/吉田理紗

2019年08月22日

ootd

Mai

2019年08月22日

brother👦🏻👶🏻

muu

2019年08月22日

朝ごはん

Risa Yoshida/吉田理紗

2019年08月22日

family

aki

2019年08月22日

すべての新着記事