たんぽぽが咲いているとかわいいね〜と褒めていたあさひ。

ある日じいじばあばと畑に行った時畑にあるたんぽぽとムスカリを採ってきて「かかさーん!これ飾って〜!」と。

リサイクルに出そうと思っていた空き瓶にお水を入れて飾ると「きれいだね〜」とうっとりしていました。

そんなあさひを見て「たんぽぽさん育ててみる?」と聞くと「うん!育ててみる!」と言うので毎日お水をいっしょにかえることにしました。


1日目、たんぽぽはいつのまにか黄色のお花を閉じてしまいました。あさひは「たんぽぽさんねんねしちゃったね〜」と少し残念そう。ムスカリの方は綺麗に紫色の花を咲かせていました。

2日目も3日目もたんぽぽは黄色の花を閉じていました。枯れてしまったのかなぁと思いながらもお水をかえていました。ムスカリは元気。

数日後、ふと朝たんぽぽをみると閉じている黄色の花の下から白いモフモフがでてきました。綿毛です。それから日を追うごとに白いモフモフはどんどん下から黄色の花を押し上げて、黄色の花は帽子みたいになりました。「お帽子もうすぐ取れちゃいそうだね〜」とあさひが言ったその時あさひが自分で黄色の花をポンっと捥いで。あっという間に帽子が取れました。 笑

次の日閉じていた白い綿毛は帽子が取れてスッキリしたのか蕾状だったのにふんわり開いていました。その次の日はさらに開いて。いつのまにか道端でよく見るまん丸綿毛の姿になりました。その姿は美しくてあさひは「うれし〜!」と喜んでいました。

綿毛は今日あさひがふぅーっと吹いて風に乗って自然に帰っていきました。


ムスカリの方はどんどん紫のお花が枯れて散っていきました。けれど途中から花を押してハートを3枚くっつけたようなぷにぷにした葉っぱが所々でてきたことに気づきました。しかもお花が枯れていく過程は同じなのにぷにぷにの葉っぱは出てくるところと出てこないところがある。「これは葉っぱさんなの〜?」とあさひ。

調べると中に黒い種が入っていることがわかりました。まだ葉が緑なので茶色に乾燥したら(朝顔の種の殻みたいに)いっしょに採取しようと思います。


2歳の自由研究は私まで新しい発見があって、いっしょに毎日お水をかえるのも楽しかったなぁ。

最後にまた来年の新しいいのちとして自然に返せてよかった。


p.s.

2歳の感性の「綺麗なもの」は自然の中にあって。それを綺麗と思えることが何よりも本人の宝物に見えてしまう。どんなデザインもどんな絵画も2歳からしたら自然には及ばない。

いっぱい自然と友達になってほしい。

長野県松本市在住。
#まつもとのすゝめ は blogの最初のほうにvol.1 vol.2あります。

このブロガーの新着記事

ママブロガー の新着記事

扉の中 1

トトト

2019年09月15日

Antipodes

MAYO_TNGK

2019年09月07日

0m14d.

aki

2019年09月02日

かき氷

MAYO_TNGK

2019年08月30日

すね毛

shi.

2019年08月29日

左右

shi.

2019年08月29日

秋コスメ

MAYO_TNGK

2019年08月23日

すべての新着記事