著者 : 白石一文


第142回直木賞受賞作品。




この人だ、と思った相手に

この人だ、と思ってもらう


「ベストの相手が見つかったときは、この人に間違いないっていう明らかな証拠があるんだ」


愛とためらいの哲学、ですね。



明らかな証拠は、共通の理屈ではなく直感。


人は恋に盲目だから、本能に従順な主人公たち、読んでいて面白かった。




何事もそうだけど

「それなりに、なんとなくいい感じ」は

時に都合よく調子いいときもあるけれど


それはうっすらと目の前を通りすぎるだけ

この髪の一本を揺らしもしない


ずっと残るのはそうじゃない、抉られるような苦しみを伴った感触で。


 

「ほかならぬ、という感覚を切に理解したい」

その一心で読み進めてみたものの


結局私は恋愛の核心を突くことはできなかった。



まだまだ恋愛は、初心者です。

Time waits for no one

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

必要最低限。

麻絵

2019年07月21日

O' Tru no Trus

福田瞳

2019年07月21日

DHOLIC🌹

Mai

2019年07月21日

写真を撮り溜めしたい📸映える韓国ホテル3選♡

PRESS編集部

2019年07月21日

お休みの過ごし方、出番の多いリップ

りこ

2019年07月21日

ootd

Mai

2019年07月21日

筥崎宮 蚤の市

M A M I

2019年07月21日

すべての新着記事