高校1年生の秋、携帯を握りしめて

大分駅の自転車置き場で泣き崩れた


本当は塾にいたけれど、あ、だめだと思って

走ってホルトホールの芝に行ったら涙が出てきて、そしたら止まらなくなって、風を切って走ったら涙が乾いた 塾に戻ろうと思って歩き始めるとまた涙が出て、自転車置き場で声を出して泣いた どうして私はこんなにばかなのかと思った



別れたら、もう一回付き合ってほしいと

大好きだった人が連絡をくれた


そのあと、ごめん、やっぱそういうのは悪いし

今のはなしで良いよ!と彼は言った


私はただ何も選べなくて、でも本当は

本当に本当に本当に嬉しかった


人生でいろいろな後悔をしたけれど、

あのときの後悔が一番


同じことを思っているのに、ここ一番という

タイミングがお互い少しずつずれていて

私が今だと思うときは彼にとって微妙で

彼が今だと思うときは決まって、いつも受け身な私が突発的に決断してしまったあとだった


そんなふうにいつも少しずつずれていて

長い間もうだめだなあと思っていた

そう思う反面、いつまでも夢を見ていた


またいつかのように、と

あのときのようにきっと、と




この間大学の友達と初めてお酒を飲んだ


私はあまり自分の話をしてこなかった

あまり、出来なかった


受け入れてもらおうとは思わないけれど、

自分がずっと大好きだった人を非難されたり

そこらへんにいる人のように思われたりしたら

たまらないと思っていたからだと思う

私は言葉足らずなところがあるので

そのせいでこんなに素敵な人が伝わらない、と思っていた 晴れのような笑顔の彼のこと


とても昔の話から少しずつ話した


恋愛においてはとてもネガティブだと驚かれた

それに私は驚いた そう考えたことがなかった


でも、春休み出かけたバスの中で私が大学の友達の中でも心が通ってるなと思える子に、先にこの話をしていて、その子にも驚かれたのを思い出した


どうしてもうすぐそこなのに?

どうしてそんなに思うの?と


朝起きて、今日も連絡が来ている、と驚く

明日も同じ気持ちで好きと思ってくれるなんて一切思わない


私がそう言うと、その子はどうしてそんなに、

と驚いていた

anna
春、恋に落ちて

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

雨、はたらき、風邪気味

アサノ

2019年05月21日

サプライズ

Sara

2019年05月21日

雨、パジャマ、買ったもの

かやの

2019年05月21日

gelato pique🍒

Mai

2019年05月21日

5/21 ワンプレランチ

コウタ & *Ryo*

2019年05月21日

簡単レシピ🍞

Erinko

2019年05月21日

言葉を楽しむ

kiko

2019年05月21日

すべての新着記事