ディスプレイの仕方がどこのお店もとても上手だったなぁー見てるだけでも楽しかった!


そういえばこの日に着ていたワンピースすごく褒められたな〜

どこで買ったの?と何回か聞かれたり。やっぱりこの感じの雰囲気が好きな人が多いから着ている服とか身につけているもので目に入るものが私もいくつかあったなー。

ちなみにこの日着ていたワンピースは去年のSSのZARA。

私もお気に入りの服。


話がそれてしまいましたが、その後私たちは旅のメインでもあったバイロンベイへ向かう事にしました。ですが、やはり爪の甘い私達。

バイロンベイに向うバス時刻を調べてみると一番、時刻が早い時間は13時発の15時着。思っていたよりも長くマーケットに滞在してしまっていたみたいでこの時すでに時刻は12時。帰りの最終便のバスの時刻を調べてみても16時には最終便が来てしまう…せっかくバイロンベイまで行くのにそんなショートステイでおわってしまうなんて…

一気に私たちのスケジュールは白紙に戻り一度、ホテルに戻り作戦練り直し。

どうしても行きたかった私たちの選択肢は2つ。


1つは、UBER。これは海外ではよく使われている一般のドライバーがマイカーで運転しているもので自分の現在地から目的地をアプリに入力すると、該当する何人かのドライバーからいくらで行きますという表示があり、値段に承諾して私たちはそれを利用する事ができるのです。タクシーよりも値段は比較的安く済むし始めから値段がわかるので、私はこちらに来てからはTAXIは使用せじUBERしか利用していません。日本はまだUBER EATSしかないのかな?

車同様なので、時間はバスに比べて1時間も短縮でき最高!決まり!と思いましたがなんと片道の値段は$170往復で$340とまぁまぁ高い。

なんとしてでも行きたかった私たちですがなかなか決断できず。


2つめの手段は、レンタカーを手配する。

私は海外での旅先では、必ず国際免許証を日本で取得し持ち歩くことにしている。少しリスクはあるものの何と言っても便利なのです。行きたい時に行きたい場所に行く事ができるし、時間も短縮できるのでメリットの方が私は多いと思っています!

時間が限られていた私達は、すぐにレンタカーを調べると1日の金額は$70程だったのですぐさま私達は、徒歩15分のレンタカー屋さんへ。

するとそこはホテルに完備された窓口で一般は借りれないという事。

もう一度調べ直しもう一つのレンタカー屋へ!

するとそこのレンタカーは$75+$100のチャージで借りれるという事。$100は保険で、無事故で返却すればその金額は返ってくるとの事で私達はそれにしよう!と決断すると、日帰りの値段だけど返却は翌朝。

しかし私は弾丸旅行で来たため翌朝7時のフライト。空港までに1時間の道のり+国内線搭乗手続きが2時間前ということは朝4時にはでなくてはならない事をこの時、知った笑笑

空港まで持ってきてもいいけど6時以降じゃないと無理だと言われ、もはやなすすべがない状態に。するとお店の人から、じゃぁ今夜乗りたいだけ乗って店の前に止めてホテルに帰って翌朝の8時までは無料で路駐できるから、それより前に車の中で待機してOPENと同時に返しにこいと言われた!長い長い交渉がやっと終わり私達は、バイロンベイへ向かった!

タグ

Australian life🦘
Working Holiday🌏
Nature🌳Adventure🧳

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事