毎日更新宣言したのに、久しぶりになってしまいました。

自分の継続力のなさには殆呆れます。継続は力なり。







いつの間にか桜も見頃を過ぎ葉桜になりましたが、春支度はお済みでしょうか?

私は先週の急な春日和に慌てて大好きなお店に駆け込み、シャツを購入。






UNUSEDのサイドスリットシャツです。


スタッフさんによると、昨年の物よりもスリットが大幅に深くなったそう。



品が良く、一見ベーシックに見えますが

羽織ったとき、動いたときの見え方が一癖あるのが憎いです、、



昔からスリットが大好きで、シーズン問わずよく手に取ってしまいます。


私自身背がとても小さいので、服を選ぶときに引っかかるのは

丈の長いものや印象の強い色・素材は重たくなりがちなところ。

スリットが生み出してくれる抜け感は、難しいアイテムでも全体のバランスをぐっと良くしてくれます。

ワンピースにしろ、スカートにしろ、丈が短くてあからさまなものよりも

ロング丈で動いたときに「スリットあったんや!」ぐらいのドキッと加減にときめきます。




コットン・レーヨン・シルク素材で肌触りも抜群。

カジュアル過ぎず、ラグジュアリー過ぎない生地が

このスリットの良さをより引き立たせています。

リネンだとこの動きは出ないだろうし、シルクでは落ち感がありすぎるであろうと思うと感嘆。絶妙です。

(そんなに生地に詳しい訳ではありませんが、、)


真夏もさらっと羽織りたいので、自宅で洗濯できるのも嬉しいポイント。






カラーもストライプで良く見るブルーではなく、グレーなんです。

ベーシックでありながら、他にはない所を突いてひと癖を加えてきます、、



UNUSEDのコンセプトは「観念的な枠を取り去り、解体し、存在の新たな形の追及提案」。


また、デザイナー名は非公表でメディアへの露出が極めて少ないのですが、

「古着は好きだが、ブランドをやっていく上で古着を作るつもりはまったくない」と発言しているそう。

どうりで”ありそうで今までになかった、欲しかったもの”が揃っている訳です。





奇抜でデザインが激しいものや、流行のど真ん中よりもベーシックで着心地の良いもの。

クラシックでありながらあくまでさりげなく、ひと癖加えられたもの。

カジュアル過ぎず、どこかにほんのりと女性らしさが漂う面の良いもの。

25歳を過ぎ、段々と自分らしさが分かってきて”選ぶこと”の楽しさが増して来ました。







様々な着こなしで楽しめそうなので、またコーディネート写真もアップします。

タグ

apparelstaff , salonmodel , 💭💭💭

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

candypearlピン

MiMi

2019年12月12日

curve glasses

MiMi

2019年12月12日

pearlchoker

MiMi

2019年12月12日

ribbon ring

MiMi

2019年12月12日

retroflower OP

MiMi

2019年12月11日

gathersleeve knit

MiMi

2019年12月11日

classical AラインCT

MiMi

2019年12月11日

すべての新着記事