今日はブログを始めようと思った理由の一つ、瓢玉子の卵焼きの作り方をご紹介しようと思います。


卵焼きがひょうたんの形になるだけでこんなにみなさんからコメントもらえると思わなかったのですが、毎回「この卵焼きはどう作ってるのですか?」と聞かれます。

私の乏しい語彙表現ではうまく伝わらないところを写真を使って説明したいと思います。


質問下手な私は瓢玉子を買う時、売り場で使い方を聞かなかったのであくまでも自己流ですが、少しでもみなさんの参考になりますように。



まずは瓢玉子

言わずと知れた京都錦市場の有次さんで売っています。

ひょうたんの下の部分が蝶番になっていてパカっと開くようになっています。




卵焼きの材料

今回は卵2個、白だし大さじ1、水大さじ1、料理酒をほんの少しで

青のりや桜海老など具を混ぜても

砂糖を入れて甘い卵焼きでも◎

卵は卵焼き器の大きさと卵の大きさの兼ね合いで2個から3個くらいが良いと思います。




何はともあれ卵焼きを作りましょう。




焼けたら瓢玉子にのせます。

タグ

このブロガーの新着記事

グルメ の新着記事

10/29 鯖ちらし寿司

コウタ & *Ryo*

2019年10月29日

10/29 小エビの天ぷら甘酢餡弁当

コウタ & *Ryo*

2019年10月29日

9/28 ゆず塩麹漬け3種のお弁当

コウタ & *Ryo*

2019年09月28日

9/27 ジャージャー麺弁当

コウタ & *Ryo*

2019年09月27日

9/27 紅しょうがの唐揚げ弁当(レシピあり)

コウタ & *Ryo*

2019年09月27日

9/27 ガパオライス弁当

コウタ & *Ryo*

2019年09月27日

9/12 チキンソテーのブルーベリーソース

コウタ & *Ryo*

2019年09月12日

すべての新着記事