6割くらい残して読み残してた 関根近子さんの 資生堂で学んだまごころの仕事術

を読了!


この春休みで何冊本読めるかな〜笑

一人の時間がたっぷりあるから自然と読書する時間がめちゃくちゃ増えてる!



これは留学中に化粧品関係に興味がある中就活の準備してて、資生堂も受けようとしてたから購入してた本


BCとして働いたあとに管理職になって、国際事業にも関わった筆者の経験をもとに、働くことを中心に、女性として、一人の人間としてどうやって”まごころ”をこめて生きるかが書かれた本。


BCで接客業をずっとしていたからこそわかる、人とどう向き合い、コミュニケーションをとっていくかが詰まってる。


本を通して、筆者はきっとすごく凛として、芯があって、かつしなやかさもある人だろうなって漠然と感じた


もちろん内容もだけど、言葉選びがすごく丁寧で心がこもってるのが伝わってくる


文章になって具体的なことも伝えてくれていたんだけど、文章の雰囲気がなによりもこの本自体のテーマを物語っているような気がした


こう思ったのはわたしだけかもしれないけど、もしわたし一人だったとしても、文字だけで読み手に影響を与えられるのってすごい。






この本を買った理由は就活のためでもあったって書いたんだけど、

アメリカ留学中にボストンキャリアフォーラム(通称ボスキャリ)

っていう就活のイベントがあって。


日本企業がボストンに集まって、主にバイリンガル人材をリクルートするために、説明会や選考を行うイベント


これに私も参加して、資生堂もボスキャリに来てたのね


化粧品、美容関係に興味があったからもちろん応募。


書類、ES、適性検査、ビデオ審査の事前選考を通過して、ボスキャリ会場で面接してもらえることになった


3日間のボスキャリの中で、わたしのスケジュールでは資生堂の面接が一番最初で。


すごく緊張してて何喋ったかあんまり覚えてないな...笑


とにかく必死で、でも面接をしてくださった女性社員の方はやっぱりまっすぐ私のことを見てくれてて、内側に強さというか、熱があるのが伝わって来たのが印象的だった


なんとか1回目の面接を終えて、次に進めるかなあとドキドキしながら他の会社の説明会を回ったりしていたら、メールの通知。


2回目の面接のメール!!


2回目は1回目より落ち着いて話せたと思う。

日本語での面接だったんだけど、いきなり

「じゃあ今言ったこと英語でも言ってもらえますか」

って言われた時は一瞬動揺した!笑


一応喋りきったつもり、



タグ

Happy Aquarius girl🏃🏻‍♀️♒️
Celesy writer🔥

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

チ キ ン ソ テ ー Bento

Toshihiro ueki

2019年05月20日

ootd

Mai

2019年05月20日

沖縄旅行①

Risa Yoshida/吉田理紗

2019年05月20日

夢見た15年/わたしの夢見た15年

福田花音

2019年05月20日

趣味

mina ❤︎ uetake

2019年05月20日

影響を受けた本

Mayuka Ide

2019年05月20日

シンプルカットソー♡予約受付中です♡

♡selectshop amie♡

2019年05月20日

すべての新着記事