16歳くらいまでは浮気は絶対的に悪いと思っていたし、略奪や横領も絶対的に悪いと思っていた

人から好きな人をとられたことが何度かある

でも不思議と、相手の人が悪いと思わなかった

好きな人が悪いとも思わなかった

誰のことも悪くないと思った

人の気持ちが変わるのは仕方がない

私よりその人のほうが好きになってしまった

それだけのこと それはとても大きなことで、

私なんかが繋ぎ止めようとしたところでできるものではないし、無理に繋ぎ止めたところで、もうすでに終わっている だから他の誰かのことを好きになってしまうのは仕方のないことと思って、何故かとても納得していた

他の誰かを好きになることと、浮気は何か決定的に私の中で違うのだけれどそれがなんなのかわからない


手に残らなかったものははじめから必要なかったと頑張ってずっと考えてきた

anna
春、恋に落ちて

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事