はじめまして❤︎

épineというブランドをしているayayakaと申します。お誘いを頂きブログを始めさせて頂きました❤︎普段インスタでは長文を書いたりはほとんどした事がないのですが、こちらだったら見たい人だけ読んでいただけるのかなと思ったので、大事な時に書けたらいいなと思います❤︎よろしくお願いします❤︎

今日は先日インスタにも投稿した店舗オープンについて、インスタでも長かったけど、あれでもぎゅっと縮めた内容だったので、こちらでは縮めてない内容を載せます❤︎

インスタと被ってる部分も多くなりますが、自分への記録としても😊

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



今日は皆様に大切なお知らせがあります。

この春epineは実店舗をオープンする事が決定致しました!

場所はまだ工事中のため、お伝えができないのですが、都内になります❤︎

皆様にご報告できる日をずっとずっと楽しみにしていたので胸いっぱいです😭✨

長くなってしまいますが、店舗オープンは、私の人生の中でとても大きな出来事になるので、少し過去も振り返って今までの事も書いてみたいと思います。

3年前epineを始めた時は、資金なし、人脈なし、知名度なしで本当にゼロどころかマイナスのスタートでした。

まいちゃんと私の2人で作った小さな小さなブランド。もしかしたら、周りからみたら馬鹿だな〜って見えていたかもしれないけど、(友達も家族もみんな応援してくれました。)

何もないのに、今思えば馬鹿みたいに夢だけがありました❤︎笑




資金もなく、最初からオリジナルのお洋服を作れたわけではなかったので、vintageの買い付けから初めて、1つ売れたら毎回抱き合って喜び泣き、うまくいかない時は悩み、そんな試行錯誤の繰り返しだったな。起動に乗らない時期、悔しい思いも絶望も沢山したけど、いつも2人だったから楽しく乗り越えられたと思っています。

一人だったらとっくに辞めていたというより、始められてもいなかったです。

私が自信をなくした時はまいちゃんが、あやちゃんの才能を信じると言ってくれていたので、その世界でたったひとり私に才能あるよと(ないけど)言ってくれる私にとってはトキより貴重すぎる天然記念物まいちゃんと、絶対いつか夢を叶えたい叶えなくてはと心底思っていました。




店舗への第一歩として始めたのがpopup。

最初はもちろんオファーなんてなかったので、自分たちで場所借りてのスタートでした。

初めてのpopupということで、気合いを入れて2人で準備をしていた日、忘れもしない原宿で、一通のメールが来ました。

伊勢丹新宿店からpopupのお誘い、、

正直嘘だろって何度も思い

えっ?え?えーー?

ってまいちゃんと何度確認した事か!

その時も震えがとまならくて原宿で抱き合ったね笑

初めてのpopupが10月決まっていて、伊勢丹の希望は11月。無理。これは本当に無理なスケジュールです。でも2人とも伊勢丹やる以外の選択肢なかったです。




伊勢丹の新宿って、歩くだけで癒されてて、ディズニーよりずっとすき。

いつの日かもっとかっこいい人間になったら、値札もみないでお買い物を楽しめるようになりたい場所。笑

(これは非常にでかい夢)



その伊勢丹さまからepineをオファー??

やっぱり震えがとまらない事態でした。

商談のときは寝れないくらい緊張したな!

インスタみて声をかけてくださったそうです。私が毎日欠かさずにしていたepineのInstagram。伊勢丹の方に届くとは思っていませんでした。その時はepineのフォロワーさんも10000いなかったと思います。

自分の仕事の中でepineのインスタは、1番大事にしているので、一年中毎日頭から離れないInstagramは時に楽ではありませんでしたが、頑張っていて良かった、すごい方が認めて下さったんだそんな報われた気持ちでした。



初めてのpopupなのに、伊勢丹の準備と同時進行の日々がスタートして、心身ともに楽しいけど不安大な不安定な日々が一、二カ月続きました。必死だから気づいてなかったけど!



まず初めてのpopup誰か来てくれる人がいるのか?本当に未知だったし、当時の私たちからしたら出費も半端なく、どこまで凝るかも沢山迷いましたが、でも結局凝りたいと、誰もこないかもしれないけど誰かに見てもらえるという保証もないけど、世界観大事にやってみようと腹をきめました。



搬入前日、気合い入ってたので商品数も多くて、ものすごいダンボール量になり、引越しトラックで運びましたが、そのダンボールをトラックまで運ぶ作業はやばかった🤣

よりによって雨で3.4時間はダンボール運び続けたと思います。(階段の道なのね)運動しない2人なので、体力やばかったです。その次の日は、朝早くからpopupの会場作り。の前に今度はダンボールを会場まで運ぶという恐ろしい作業があり、(また階段なのね)無事運び終え、その後、ディスプレイスタート。

なんとか0時前には終わり、疲労困憊で帰宅。笑



クリエイター の新着記事

すべての新着記事