初めましての投稿はいったい

何にしようかと悩んだ挙げ句映画に。



PRESSブログはお洒落で綺麗な人たちが

自分のファッションやメイク、

スキンケアを紹介しているイメージが

強いからそういうのを投稿しようと

思っていたものの悩んでしまって

結局趣味の領域へ逃げてしまいました。







今日の一本を紹介。

『世界から猫が消えたなら』






原作は読んだものの、

正直あまり印象には残っていなくて。

ただ透明感のある映画のパンフレットに

惹かれて観ました。


結果、号泣。



<ストーリー>

主人公の僕(佐藤健)は体調不良になり

病院へ行ったところそこで脳腫瘍と

診断される。残された余命はわずか。

途方にくれて家へ帰宅すると

そこには自分そっくりの悪魔がいた。

彼がいうには世界からひとつ何かを

消すと1日寿命が伸びるとのことで

延命の為に次々と僕の周りのものを

消えていく。

消える最中で感じた大切なものたちとは。







映画のラストシーンになるにつれて

自分の大切に思っている人たちが

連想されて涙が止まらなかった。

消えてしまう前に、

今すぐにでも抱き締めてそこにいることを

確かめたいと思うほど。

そして今生きている大切な人たちを

心から大事にしようと思いました。


笑って、泣いて、怒って、呆れて、

ただそんな大切な人たちとの時間を

これからもずっと消えてしまうまで

大切にしようと思わせてくれる、

そんな温かい映画だった。





読んでくださりありがとうございました。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

イベント準備、🍕🍟

アサノ

2019年04月25日

動画、ロッカー、買い出し

かやの

2019年04月25日

矯正について🦷

Erinko

2019年04月25日

美容液ファンデ

Hisayo Rin

2019年04月25日

春のオススメアウター🌷

Mai

2019年04月25日

さんま蒲焼き缶詰で「どんぶりごはん」

hiroko

2019年04月25日

ootd

Mai

2019年04月25日

すべての新着記事