インスタにも載せましたが、先日、乃木坂46のだいたいぜんぶ展に行ってきました。


「乃木坂46は偶然ではなく必然的に売れた」そう感じる展示でした。


素人の考えですが、それを感じた理由を書いてみます。


【ひとつひとつの作り込みが細かくて、そこに一貫したコンセプトが見える】


ロゴひとつにしても、偶然出来上がったのではなく、たくさんの案のコンペで選ばれたみたいでした。他のロゴ案が置いてありましたが、他のロゴは可愛くてもAKBに寄りすぎていたり、字体がどこかポップで、清楚で一番可愛い女の子の集まりという乃木坂46とは少し異なるイメージのものでした。

CDジャケット、曲のタイトルロゴ、衣装もしかり。乃木坂46を構成するためには他ではいけなかったんだなと、そう感じました。


【ストーリーがしっかりしている】


AKB48の公式ライバルとして集められ、爽やかな衣装と曲で、生駒里奈さんをセンターにデビュー。そりゃ女の子だから色々あると思うけど、みんな仲良しでお上品な子達なんだろなぁ思わせる魅せ方。急に二期生のみおなちゃんがセンターになって泣きながらも頑張る姿。日本のオタク文化って独特で、その象徴がAKB48だってわたしは考えているけれど、乃木坂46はそのAKB48の成長を見守りたいオタクの気持ちと、海外アーティストファンの完成したクオリティーの高いものがみたい気持ちの両方のバランスが良くて、オタクが応援したい!って思う要素を詰め込まれているなぁとおもいました。

初期は初期、今は今でそのポイントを時代に合わせて徐々に移行しているし、ストーリーを作るのが本当に

上手なんだなと感心しました。


【個が尊重されている】

台本や絵コンテが飾ってあったのですが、後ろのあたりまでしっかりと名前が書かれていました。個人PVも、そのメンバーの良さを引き出すような、個に合ったコンテンツ。乃木中で初期は全然カメラに映らなかったって誰かが言ってた気がするけど(笑)、少なくとも最近は、大勢の中の1人でも個が認められ、尊重されているんだと感じました。


【生駒さんが最初から最後まで完璧】

これはもうただのオタクの意見なんだけど、生駒里奈さんがデビュー発表から卒業まで、ずっと綺麗だった。使われなかったジャケ写などを見るコーナーがあったのですが、奇跡に近いぐらいNGショットがありませんでした。普通は奇跡の一枚を探すけど、生駒さんは全てが奇跡の一枚だった。デビューした瞬間から彼女のビジュアルは常に完璧だった。生駒里奈がセンターだったから、乃木坂の初期のどこか儚くて清楚でふわっとしたイメージが固まって、ファンがついたんだと思いました。


と、たらたら書いてみました☺︎

もちろんこれだけじゃないけど…言葉にするのが難しかったり、ひみつにしておきたいこともあるのでこれで留めます。


とにかく、いろんなことを感じることができた展示だったなぁ。

2019年は感性を豊かにしたいなって思ってるので、いろんなエンタメを見て、感じて、考えていきたいです💖



タグ

キラキラ系インスタグラマーではないです。ブログでは主にインスタに載せていない美容系のことを書いていきます。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

お皿、YouTube、暑い

カヤノ

2019年07月22日

my color

* y μ μ k ï ♗♖♘

2019年07月21日

☆暑かった日☆

hime.gonzales

2019年07月21日

必要最低限。

麻絵

2019年07月21日

O' Tru no Trus

福田瞳

2019年07月21日

DHOLIC🌹

Mai

2019年07月21日

写真を撮り溜めしたい📸映える韓国ホテル3選♡

PRESS編集部

2019年07月21日

すべての新着記事