か勝ち負けにこだわらないし、競ったり争ったり、そういうものに興味がない性分のせいで、どうしても勝負事にあまり興味がない。人から見たら本当に張り合いがない、何のために生きているのかわからないような平平凡凡な生き方で、私のような人間の伝記がいつか出版されたとしても、最後まで読破できる方はきっとおられないでしょう。


そんな私でも、年に数えるほどですが、賭け事や勝負事を楽しむことがあります。どちらかといえば勝ち負けの醍醐味を味わえる嫁さんが、結果にこだわらない私をたきつけるための口実として、賭け事や勝負事を提案してくれるのです。


2018年5月、私と嫁さんは埼玉の実家から車を借りて桜の名所としても関東圏では有名な権現堂までバスフィッシングをしにいきました。道具なんておもちゃのような竿とリール、それからダイソーで売っている粗末なルアーやワーム。バスフィッシングをしたことがある方ならばご存知でしょうが、自然相手でそう簡単にブラックバスは釣れるようなものではなく、私ははなから釣れるわけないと決めつけていました。のんびりと糸を垂らしながら、新緑の中でよく晴れた休日が過ごせれば、魚が釣れようがどうだろうが、私は満足なのです。


しかし、嫁さんにはこれがどうしても納得いかないようで、「何のためにわざわざ釣りにきているんだ、釣れると思わないから釣れない、釣れると思えば釣れるんだよ」としかられました。そして、結果にあまりにこだわらない私にもやる気を出させるための口実として、二人で話し合い「たくさん釣れたほうが、たくさん釣れなかった方から毎月一冊本か雑誌を一年間もらえる権利」を賭けることにしました。


まだ5月だというのに、この日はずいぶんと気温も上がり、防寒のためのジャケットはすぐに脱いでしまい、どこかの温泉地の名前が書いてあるタオルを頭にのせて、その上からButter Goodsの青いバケットハットをかぶりました。まるで農家のおじさんのような出で立ち。かたや嫁さんは日焼けが怖いといい、真新しい青いアノラックをフードまで目深にかぶり、タオルで口元を隠してサングラス。まるでアルカイダのような出で立ち。格好はともかく、穏やかな5月の昼下がりの日差しと柳を揺らす風の心地よさが、賭け事なんて遠いどこかに運んで行ってしまいそうな気がしました。



いつもならばここで話は終わり。穏やかな休日を過ごして、またのんびりと家路につく。はずだったのですが、この日は賭け事をした成果が待っていました。二人静かに糸を垂らしてから数時間、日も傾き始めたころに私は一匹の魚を釣りあげました。ブラックバスでもコイでもないような、へんてこな魚で、30cmくらいのそれは後に調べたところニゴイという魚でした。そして、その後日没間際にも一匹のニゴイを釣りあげてこの日は私の勝ち。それから毎月きまって雑誌を一冊買ってもらっています。あと数カ月の間、どんな本や雑誌を買ってもらえるかなというささやかな楽しみが続くというのも悪くはないですね。


半か丁、乗るか反るか、勝った負けた、それだけが人生じゃない。と、思いつつも、たまには休日に柄にもなく賭け事をして楽しむというのもまた一興というところでしょうか。不定期開催のこの夫嫁戦、笹塚のボーリング場での話はまた別の機会にでも。



余談ですが、その後9月にも河口湖で同じように賭けをしました。今度は見事にブラックバスを釣りあげた妻の勝ち。12,000円分のアウトドアグッズを買うと約束し、嫁さんはTHE NORTH FACEのDENALIという素敵なフリースのジャケットを購入。12,000円からはみ出た部分は律義に自分で支払いをしていました。


相変わらず寒い日が続く東京で、DENALIのジャケットを着て自転車にまたがる嫁さんを見て、思い出したように筆を取る旦那さんでしたとさ。



河口湖での一コマ

安物のルアーと、嫁さんが釣り上げたブラックバス

タグ

skateboard
motorcycle
flower
coffee
jp.
http://dojournal.thebase.in

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事