幸せになれないってこと知ってたのにな

この関係にハッピーエンドな結末はない


こんなに甘いことを言ってくれても

あなたには家で待ってる人がいるんでしょ

君だけが好きだよって頭を撫でてくれても

私のものではないんでしょ


私は彼の夢になる気なんてないし、

日常になりたいよ


いつだって余裕な彼に

愛されたくて必死な私は可愛くない

余裕なくて可愛くないこと言っちゃうし

何してるんだろう

そうふと気付いてしまう瞬間


絡めた右手が熱くて

触れられた唇が熱くて

何も考えられなくなる


周りにどう思われてるかとか

幸せなんて待ってないことさえも

そんなのどうでもよくなるくらい

私は彼の隣で眠りたいのだ


彼の左側は私がいいし

私の右側は彼がいい

タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...