きのう久しぶりに


心にずーーーーんと響く映画にであった


渋谷HUMAXで友達と観た、タイトルはチワワちゃん。

本当によかったなあ


現代の若者のリアルな人間関係だったり、しがらみだったりが凄く繊細に描かれてて、気づけば映画にのめり込んでてあっという間に上映おわってた


少し長めのmvみてる感覚


バラバラ殺人事件にまきこまれたチワワちゃんを知る男女数人の証言によって浮かび上がる彼女の人間像を探るドキュメンタリー映画


東京に上京したおんなのこが、

あっという間に都会に染まって


都会の片隅で符号化された『女の子』へとおちていく。。。


うまくまとめられないけど、私もこっちに来て知り合いたくさんできて友達もふえて


だけどきっとわたしの本名すら知らない人も沢山いて


あの子が知ってる私は

あの人が知ってる私とはきっと違って


他人から見た人物像が一致することはほぼなくて


誰かを完全に理解することの限界を感じた



都会の若者間のあのキラキラ感、


自分が本当はなにをしたいのか、何になりたいのかどうしたいのか、本当にそれが好きなのかどうか、。

誰にも確信できないから私たちにとっての幸せってきっと怖いものなんだと



刹那な幸せの連鎖が結果的に不幸に繋がるような。


今を生きる若者みんながチワワちゃんなんだろうなって思いました上手くまとめられなかったけど、


多方面から心に訴えかけてくる映画だと思うので


ぜひ観てみてください(ᵔᴥᵔ)


きっと捉え方は人それぞれ違うはず。。。

このブロガーの新着記事

同窓会

成人

テルマー湯

ともだち

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事