深夜3時、割増の時間しか乗らないタクシー

後悔しか歌えないし

あの頃の夢も声に出せない


夢を大人に、ワクワクしながら

語れなくなったのはいつからだろう

言われてもない「いい加減現実見なよ」が

怖くなったのはいつからだろう


楽しいだけじゃときめかなくて

夢だけじゃ生活できなくて


可愛くした爪を見ながら文字を綴って

泣きたくなる

あの頃のなんにでもなれると自分の可能性を

信じることができた頃に戻りたいよ

爪を可愛くすることができなかったとしても

私はそれを望んでしまうでしょう


「今が一番楽しい」

とかそんなの聞き飽きたよ

「夢は必ず叶う」とか愛とか平等とか

そういうものが全て綺麗事に聞こえる夜もある

そんな自分を好きになれなくて、自己嫌悪


コーラは飲まないけどコークハイは飲むし、

優しい人には優しくしたくなるけど

意地悪してくる人に優しくする気はないし、

私に嫌いだと言っていたあの子のことを

大好きな子の誕生日とか言ってsnsで祝ってた


きっと、そんなもん


甘いだけが毎日じゃないけど、

私は甘ったるく生きたいよ

好きな人の美味しいって目を瞑る横顔を見ながら

幸せだねって笑いたいよ

いつまでも

子供みたいな夢で両手を一杯にして叫びたいよ


タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...