こんにちは

まだ脳みそが半分お休み中のアライです。


さて、

もともと古着が好きで、今までも色々な古着を着てきました。

結構手放してしまったものも多いのですが、今でもお気に入りで第1戦で活躍しているものがあります。



80年代のものと思われる”Brooks Brothers”のトレンチコート

USAメイドです。

よくあるコットン系の素材では無くピーチ素材のものです。

素材が柔らかく、落ち感もあるのでオーバーサイズで着るといい感じです。

取り外し出来るライナーも付いていて夏以外は大活躍です。



90年代のものと思われる”FILSON”のバルカラーコート

目の詰まった厚手のウール素材で真冬でも暖かいです。

中にパーカーを挟むのがお気に入り。



本日の格好です。

80年代のものと思われる”SPIEWAK”製のN-3B

サイズは46(USAサイズ)のオーバーサイズ

USAメイド

真冬でも暖かく、丈もミドルレングスなので普段使いはもちろん、ちょっとしたレジャーなどで大活躍です。

ミリタリーならではの”道具感”がたまりません。

縫製なども雑ですがそれも味かと笑



古着やヴィンテージならではのこなれ感って良いですよね。

デザイナーズとも違う経年でしか出せない雰囲気


アウター以外にも何点か活躍中のものがありますが、それはまた改めて


ではまた

タグ

Tokyo, Japan
a day in the life
fashion / coffee / landscape / cityscape / travel / art / 記録 / 記憶

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事