にこにこ 何も知らない少女のフリして

計算するんだからね

本当は大人のお酒のせいにするずるいところとか、

キラキラした世界の裏側の

少しもキラキラしてないところだって

知ってるんだからね


綺麗なあの子と撮った写真は

恥ずかしくて載せられないし、

勝手に他人と比べて自分は劣っている気になって

ベッドでうずくまり音楽に頼る夜もあるし、

いかにも な言い訳を繰り返ししているうちに

罪悪感は薄れてしまうよ


はじめて口紅をした時

世界でいちばん可愛くなれたように錯覚できたし、

はじめてお母さんと同じ美容室に

連れて行ってもらった時

嬉しくって何度も何度も新しい髪型になった自分を

鏡で見ては顔の表情を緩ませてしまったし、

ここは横浜でいちばんキラキラした場所だと

信じていた


深夜終電を降りて家まで歩く15分は

寒さよりもいろんなことが頭の中でぐるぐる回って

泣きたくなる


私は休み時間少しでも長くバスケがしたくて

廊下も階段も友達と笑いながら

全力で走っていた小学生には戻れないし、

4回折った制服のスカートと自転車で

どこまでもいけると思っていた中学生にも、

3時まで働いて薄暗い煙草臭いところで

始発を待つあの頃にも戻れない


変わってしまったのだ

良くも悪くも

変わってゆくのだ

これからもずっと


大好きな自分に向かって変わっていきたいのだ

自分の可能性を

誰もが信じてくれなくなっても

私だけは信じてあげたいのだ

タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事