悲しみが、甘い涙に変わるまで。


愛する人の愛する人に出会った時

わたしだったらどんな感情を持つんだろう。


自分に向けられることの無かった種類の感情を

他人が受けていた現実を目の当たりにした時

そのベクトルとタイミングがすれ違っていた

としても、あの主人公のように行き場のない感情や

憎しみを昇華しようと試みることができるだろうか。


生まれ育った国の宗教的な決まり事や信仰心

それに抗おうとするも不可能な現実。

家族のかたちってそれぞれに違うし

どこか歪んで欠けていて傾いて。


それでも

確かにそこには

愛があって。


彼と彼女の決意が、苦しく、切なく、

人間的な不器用さ秘めていて

なんとも心が締めつけられる作品でした。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

3

こたろふ

2021年01月04日

お晒し2

こたろふ

2020年12月27日

創作漫画晒し上げ

こたろふ

2020年12月25日

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

すべての新着記事