『@ほぉ〜むカフェ』ってうメイドカフェに推しメンができてせっせと通っています。 “れなちちゃん”っていう子なんですけど、超かわいいんですよ。と言いつつここ数週間は会いに行けていないのでヲタク失格なんですけど…。



――忙しかったんですか?

それもあるし、あえてあんまり行かないように自分を戒めていた部分もありますね。


ハマっちゃうとハンパないので。口座を捧げちゃうくらい好きになっちゃうから、これはヤバい、少し自重しようと。





――子どもの頃はどんな子でしたか?

陰キャです! 今もどちらかというと陰キャですけどちびっこの頃は筋金入り。頭よかった陰キャでした。



――頭よかったというところにステータスを感じますね。

ガリ勉でメガネ。テストで良い点をとるとお母さんがホメてくれるので、ママにホメられたいがために勉強していたんです。


私、すごいマザコンなんですよ。好き度でいったらメイドさんよりお母さんのほうが上。ママを喜ばせたくて勉強に励んだり学級委員をやったりしていました。それはまあ途中で無理だなと気づくことになるんですけど。



――教室ではどう暮らしていたんですか?

端っこにいました。端の角みたいな。クラスの中で仲良くしてくれる友達は明るい子が多かったんですけど、私自身は人間がすごく苦手で全然しゃべらない子でした。


それは物心つく前からそうだったみたいで、「いますか?」みたいな感じだったらしいです。生まれながらの陰キャだったんでしょうね。



――生まれながらの陰キャ。

最近気づきました。考えたら思い出全部陰キャだなって。でも仲良い子はウエーイって感じの陽キャが多くて。陽キャのグループの中にひっそりと混ざっているような。


ひとりだけ泥だんごも上手く作れないような子でしたね。



――泥だんご? 

ピカピカに磨き立てる泥だんご。知りませんか? 


下駄箱とかに保管しておいて何日もかけてツルッツルのピッカピカに磨き上げるあれです。ウエーイの子って泥だんごを作るのがすごく上手なんですよ。



――ウエーイの子たちは器用なのかな。

そう、やたら上手かった。しかも、年上の子たちともちゃんと交流があるから、ツルツルにするコツも伝授されていたりして泥だんごのキャリアが違うんですよ。


ってこれ何の話をしているんでしたっけ?



――どんな子どもだったかという話ですね。ちなみに当時楽しかったことは?

家ですね。家に帰ることが楽しみでした。


お母さんに会いたいっていうのもあるけど、家だったら他人は誰も私のことを見ないじゃないですか。だから毎日、学校が終わると「今から落ち着ける場所に帰れる」みたいな喜びがありました。



――寄り道せずまっすぐ帰る?

速攻で。マッハで帰ってました。徒歩で3、40分かかるんですけど黙々と帰宅。


女の子ってみんなで一緒に帰るじゃないですか。あれも苦手でした。


タグ

このブロガーの新着記事

ブランド の新着記事

Exhibition in Paris

THE H.W. DOG&CO.

2019年06月22日

CLUEL

THE H.W. DOG&CO.

2019年06月17日

POP UP!

THE H.W. DOG&CO.

2019年06月14日

洗える帽子シリーズ

THE H.W. DOG&CO.

2019年05月16日

GLASS SIGN POPUP!

THE H.W. DOG&CO.

2019年05月08日

明日から!

THE H.W. DOG&CO.

2019年04月26日

上田歩武さん

THE H.W. DOG&CO.

2019年04月22日

すべての新着記事