渋谷駅から徒歩約15分のところにある松濤美術館で開催されている〈終わりの向こうへ〉を紹介します!


18世紀ごろの作品から現代の作品まで「廃墟」をテーマにした作品が数多く展示されています


実在する廃墟だけではなく、現代アーティストによる東京の未来なども描かれており、とても興味深いものがたくさんありました


美術や廃墟に興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか!


http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/181haikyo/

2018年12月8日〜2019年1月31日

入館料:一般、500円(400円)

              大学生、400円(320円)

              高校生、60歳以上、250円(200円)

              小中学生、100円(80円)

 ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料

 ※土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料

 ※毎週金曜日は渋谷区民無料

 ※障がい者及び付添の方1名は無料


休館日:12月10日(月)、17日(月)、25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)、1月7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)

タグ

オフィシャルブロガーの新着記事

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

私のメンタルヘルス体験談

リード真珠

2021年06月13日

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

すべての新着記事