さりげなく何でもない事かのように聞いてみる

「24日なにしてるの?」

うーん、バイトしようかな なんて答えるから

どっか出かける?って

意識してないかのように聞いたのに

君はさらっと流すんだ


友達 としか見られてないなんてこと

知っていたのに

会いたい時にだけ連絡して来る君への想いは

会うたびに増して、

触れそうで触れられない距離に溺れて

きっと俺はどうしようもない馬鹿だ


傷付くとわかってる恋なんて

本当はしたくないのに

もう君にこれ以上フラれたくなんてないのに


恋心がバレて会えなくなるくらいなら

このまま都合のいい男でいるから

君のいちばんの都合のいい男にしてよ

酔った時に会いたくなる男にしてよ



馬鹿みたいだ

都合のいい存在が大切にされる日なんて

絶対に来ないというのに

それを選んでいるのが自分だなんて

タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事