あの時のあの男の言葉は

絶対にわたしを救ったし

その人にもう会うことは出来ないし

「頑張りたくもなければ

頑張る気力が残されていない」と泣くのは

本当は頑張りたくて仕方がないからだし

失恋なんてできないし

上手に深呼吸ができなくなりそうな時に

会いたくなる人は3年経っても変わらない


誰の目も気にしない

大勢のなかでひとりになる感覚

今わたしは「頑張らないと」を

また1週間先延ばしにしようとしている


外がどれだけ寒くても

街がどれだけ輝いていても


思い出の場所に行ったところで

思い出の人には会えないし

ここもいつかは思い出の場所になって

いま聴いてる流行りの歌も当時を思い出す

きっかけに変わって

今日もいつかは 懐かしいあの日 になる


いまは過去になるし

未来は現実になる


乳液はあれがいいし

化粧下地も変えたくない

そんなこだわりだらけのわたしは

荷物を少なくすることが苦手だけど

全てを置いて身軽なわたしで知らない街に

ボーッとしにいくのだ

今年の冬はそう過ごすと、いま決めた

会いたい男に会いに行けるオンナになりたい

タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事