幼い頃、完全に母の趣味だと思いますが、


お出かけ時には、かなりひらっひらなワンピースだかを着せられてたんです。


かなり活発な女子に成長して、

反発するように毎日のように着てたのは、

デニムのオーバーオールでした。


インディゴか、白とブルーのしましまのやつ。(



 関係ないですけど、自分で言うのもアレなんですが、

ドッヂボールでかなりぶいぶい言わせてたんですよ。



走るのも速かったんです。


今こんな話すると誰もがラインスタンプのコニーの疑いの目で見るんですが、

ほんとにほんと。


女子も男子もバッタンバッタンと。


インナーは大体チェックのネルシャツ。

色違いで何枚も持ってました。



それが黄金期の私でした。



その頃から今もずっとオーバーオールが大好き。

デニムは生活の一部みたいなもの。



そしてそんな黄金期の私の胸元にはいつも

”BIG JOHN”の文字がお守りみたいにありました。



タグ

統一感のない写真とのんびりやってます。

このブロガーの新着記事

ファッション の新着記事

すべての新着記事

Now Loading...