面白かった…!


タイトルが下世話なだけに中々買えず保留していたら先輩上司から貸してもらえました。 

 

エロでもギャグでもない、赤裸々に語った文章がとても上手でささっと読める。栞は必要ありません。

セックスレスの物語かと思えば、タイトルが全てを物語った内容でした。


愛し合いながらも身体では繋がれない夫婦の姿を妻の目線から描いた私小説。

圧倒的なインパクトを持つタイトルが冒頭からドンとやってくる。



「私=こだまさん」

なのだと思って読んでいました。


「私」はいつも、ちょっとだけ遅れている。真面目に取り組んでいても何かがずれてしまう人。


おまけに内向的で閉鎖的な性格がじわじわと身体ともにむしばんでいく。

だけどどこか共感してしまうのは何故だろう。


そうなってしまった原因は家庭環境なのだろうけど、その中で粛々と暮らそうと努める「私」にエールを送りたくなった。


あと「私」のお母さんがどうしても好きになれなかった。絵に描いたようなヒステリックなお母さん。

最後の最後で丸くなった姿を読んでいても好きになれなかった。

「子供は親を見て育つ」って本当だな。


単純にこの本が売れたことで、彼女の人生が少しでも肯定されたことを嬉しく思う。


巨大な問題は解決されていないけれど、愛の形は様々だということを改めて思い知りました。


購入することをためらった自分を恥じたいと思います。

Time waits for no one

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...