幾度となく重ねた身体。

幾度となく感じた快楽。

幾度となく達したオーガズム。


でも今日はいつもと違う。

なぜ違うのか、答えは分かっていた。

私達にとって、もしかしたら

最後のSEXになるかもしれないから。


明日私は海の遥か向こうへ行く。

いつこの場所へ帰れるか予測もつかない。


彼は慣れた手つきで私の服を脱がせた後

キスをしながらブラジャーのホックを外し、

ショーツのみとなった私を上から下まで眺めた。

彼の私を見る表情は今にも泣きそうで

とても見てられなくて思わず目を閉じた。


彼は、おでこから順に舌を這わせていった。

心地よい粘度のあるその舌先の熱を感じる度に

私の身体は意識せずにピクッと動く。

両手で乳房を揉みほぐしながら

舌はその先端を優しく舐め回す。

愛おしそうに、時折激しく、

そして、いつもより長く。


泣きたくなるほどに身体中が感じていた。

たまにチュッという音を立てながら

その舌先を下の方へ持っていく。

ここは最後に、と言わんばかりに、秘部を通り越して

内腿に優しく細かいキスを繰り返す。


涙で視界がぼやける。

彼の唇から伝わる熱は愛と優しさに溢れていて、

それが嬉しくて悲しかった。



================================


明日投稿するお話に続きます。

今回は悲しみに溢れた愛撫がテーマの官能イラストとなりました。

男性の愛のある愛撫は女性を芯から幸せな気持ちにさせます。でも時にそれは執着という名の檻に自分自身を閉じ込めます。

タグ

JAPAN🇯🇵イラストレーター🎨アーティスト
💘愛と女性をテーマに描いてます。
🖋PRESSオフィシャルブロガー✨
ブログ限定で官能イラストを不定期で公開してます。
🔖ポストカード販売✨
📝月一で『ランジェリー×イラスト』をテーマにしたコラムをスプラッシュさんのウェブサイトにて連載中💞
お仕事のご依頼はメールかDMよりお願いします。
似顔絵オーダー、ネットショップ等の詳細はホームページよりご覧頂けます。(現在、個人様の似顔絵オーダーは停止中)

このブロガーの新着記事

エンタメ の新着記事

すべての新着記事

Now Loading...