僕が寝た 三番目の女の子について話す。


死んだ人間について語ることはひどくむずかしいことだが、若くして死んだ女について語ることはもっとむずかしい。


死んでしまったことによって、彼女たちは永遠に若いからだ。


それに反して生きのこった僕たちは1年ごと、1月ごと、1日ごとに齢を取っていく。


時々僕は 自分が1時間ごとに齢を取っていくような気さえする。


そして恐ろしいことに、それは事実なのだ。


彼女は決して美人ではなかった。


しかし 「美人ではなかった」という言い方はフェアではないだろう。


「彼女は彼女にとってふさわしいだけの美人ではなかった」というのが正確な表現だと思う。

Rain or shine, I discover your potential
✌︎Japan✌︎1997 🌊🌊🌊 🇯🇵

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...