これは目からウロコで。


たしかに、私も本や雑誌が大好きだったけど、

産後はじっくり読む時間なんてなくて、諦めてばっかりで……。

でも、誰かにまたそういう時間を作り出すきっかけを作れたのか―、なんて思ったら、うれしくてうれしくてしょうがなかったです。


あーやっと1冊できたー!と満足して、のんびり構えていたのですが、

もう、はやく2号目が作りたい!と、メラメラ燃えてきてしまいました。






ずっと、

洋服を作ったり、お店を始めたり、イベントをしたり……

子供を育てながら、いろんなことを並行してやっている友人たちが、

眩しくて仕方がなかった。


私もなにかやりたいな。

という思いはあったけれど、自分には何ができるのか、よくわからず、

こうして形にするまでに、数年かかりました。


1冊も売れなくてもいいや、作るのすごく楽しかったし、私はこの本がめちゃくちゃおもしろいと思うし!という気持ちで歩き続けて。

ZINEを作ります、とお知らせするのはとてもドキドキしたのだけれど、

蓋を開けてみたらたくさんの方が応援してくれて。

一歩踏み出してみたらこんなにも見えるものが変わるんだな―、

できるかできないかじゃなくて、やるかやらないかだなー。

と、実感している今です。


(というようなことを、vol.1の編集後記にはつらつらと書いています。)



でも、少し前の私と同じように思っている人がもしいたら、全然焦る必要なんてなくて。

私も形にするまでに数年かかったし、なにかしたいな―と思っている人のところには、きっと踏み出すタイミングが自然とやってくるんじゃないかな。

それまでは、子供とどっぷり向き合う今だけの貴重な日常を、たっぷり味わっていていいんじゃないかな。

なんてことを、今は偉そうに思っています。




meine、公式サイトなんかは作れておらず、

instagramで情報発信しています。

https://www.instagram.com/meine_magazine/


取扱店さんの情報などはもちろん、取材時のオフショットなども載せていくので、チェックしてもらえたら嬉しいです☺️




最後に。


あたかも1人で作ったようなことを書きましたが、

同じく仕事と育児と並行しながら、

この本のデザインを一手に担ってくれた友人のなみちゃん。


彼女なしにはこの本は形になりませんでした。


大量のページ数を、こちらの意図をきっちり汲んでさばいてくれ、

かわいいデザインに仕上げてくれ、

私が判断に迷ったときには、根気強く相談に乗ってくれ……。

印刷周りのことも、なみちゃんに頼りきりでした。


これは2人で作り上げた本だと思っています。


改めてこの場を借りて、


ありがとうーーー!


と、叫ばせてください。

writer | editor | drummer of “the mornings” | mother of 6y boy+1y girl

このブロガーの新着記事

キッズ の新着記事

1st birthday

moooobaby

2019年06月17日

おでかけ×2

Sara

2019年06月07日

エレクトロラックス

Rie

2019年05月27日

最近のあれこれ!♡

Hikaru*॰¨̮

2019年05月25日

サプライズ

Sara

2019年05月21日

今月のサラ弁当

Sara

2019年05月15日

は は の ひ。

Sara

2019年05月13日

すべての新着記事