DISPATCH HAIRがオープンした当初。

14年前くらい遡りますが


私は私という檻の中にがっちりと

自分を閉じ込めていました。

これはこうあるべきだという想いが強く

その枠をはみ出す人は、

すごく苦手だった。


今考えると、独りよがりで

自分が全て正しいと勘違いしていた!

よく言えば自信に満ち溢れていたのかもしれない。

そんな勘違い自信に。


ある日映画で

チームのことを動物園に例えていた!

虎がいて

キリンがいて

猿がいて

だから楽しいんだって。

人は皆違うんだ!と。


どんな映画だったのかは忘れたけど

その場面だけ今でも覚えている。


組織は動物園。

みんな違って当たり前

みんな違うからまた楽しい。


そこから少しづつ

本当に少しづつだけど人と自分は違う。

いろんな人がいていろんな意見があるから

楽しい。

自分自分自身をがんじがらめにしていた

あの頃。


囚われる、少し視点変えて

口からはみ出してみると

人として視野が広まる。

世界が変わる!


自分1人でできることなんて

ちっぽけだから。




2018.11.9

タグ

鋏を持たない理容師
【理容業界の太陽☀️
になる為に生きる】
理容師プロデューサー

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事