" 素直に私たちと一緒か〜って納得できないんだよ!"


と、鹿児島の地元トークで盛り上がっていた途中でさらっと言われた言葉。



日本にきて、ついに10年目になりました。

今年21歳なので台湾と日本で過ごした時間は、ほぼ一緒ということになります。

台湾人の両親を持ち、小学六年生まで台湾で過ごしてきた自分にとって、台湾は私のルーツであり、ふるさとです。

その一方で、

中学、高校という思春期や、いま過ごしてる、社会人になるまでのモラトリアムとも言われる大学生活を日本で経験しているのです。

日本語で葛藤し、迷い、泣いたことが中国語より断然に多く、日本でアイデンティティが確立したと自分でも思います。




それでも、冒頭のような言葉を言われるのが多々あるのです。もしかしたら冗談のつもりかもしれませんし、そこまで重く考えたことはなかったのかもしれない。


このようなこと言われても、傷付かないくらい心が強くなってきたし、それを自分でネタとして笑いにする程、交わす方法も学んできました。



差別は少ないと訴えている日本ですが、日本人と外国人の間にいつまでも消えない大きな壁を感じるのです。

いつかは、みんなが隔たりを感じることなく過ごせる世界になってるといいなあ。

だって、日本も台湾も こんなに素晴らしいんだから。








Sanche, a third culture kid seeing the world

タグ

🇹🇼( 2 1 ) 📍FUK🇯🇵
A third culture kid seeing the world

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年08月11日

ootd

Mai

2020年08月10日

ootd

Mai

2020年08月09日

プール撮影

福田瞳

2020年08月09日

ootd

Mai

2020年08月08日

karinちゃん

福田瞳

2020年08月07日

クラファンやってみました。

福田瞳

2020年08月07日

すべての新着記事