深夜3時、割増の時間にしか乗らないタクシー

寒くて肩に力を入れる
久しぶりに上を見ると星が綺麗で
酔いさえ覚める


まだ昨日を終わらせてないくせに
早起きして清々しい朝を迎えた気になって
ただの夜の延長線上に今があるだけなのに
何を勘違いしているんだ


認めてもらえることが嬉しくて応えたくなる

歳を重ねるごとに、 本音を笑顔で誤魔化し

わからなくなっている気がするよ


それが大人だというならば

わたしはなれなくていいし なりたくない


大人になりきれない自分と

子供でいられない自分の間に揺れて

身動きがとれない



毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...