開化堂さんは明治八年創業の日本で最初の茶筒のお店で、兼ねてから開化堂さんの茶筒に魅力を感じていました。

お茶をゆんるり飲む時間を楽しめるようになったら買おうと決めていて 歳を重ねたのでお迎えしました。


経年変化で だんだん色が変わってくるみたい

さいしょは銅の茶筒に惹かれたけれどブリキの物に。

開化堂さんの茶筒は蓋もしっとり(本当に感覚としてしっとりしているんです)閉まってぜんぶが丁度いい具合にできていて使っていて気持ちがいい。


おばあちゃんになってもたいせつに使っていきたい日用品です。

長野県松本市在住。
#まつもとのすゝめ は blogの最初のほうにvol.1 vol.2あります。

このブロガーの新着記事

ママブロガー の新着記事

すべての新着記事