フィリピンへの旅、最後の2日間は戦争について学びました。



今まで知ってきたこととは180度見方を変えて学んだ今回の戦争。

当時あったことに加え、これから自分たちがどう生きていくべきなのかなど沢山のことを教えていただきました。



サンチャゴ要塞。スペインがフィリピンを統治し始めたころ、つまり1571年に建てられたかなり歴史的な建造物。当時はこの塀の中はスペイン人だけが暮らしていて(第二次世界大戦中は日本人)フィリピンの人々は奴隷として扱われていた。



マニラの中心部にある、異国感が漂う街並み。他の国によって支配され続けてきたフィリピンの苦い歴史と人々の心の痛みがじわじわと伝わってくるようでした。


死の行進博物館。死の行進は、日本軍がフィリピン人に対して行った残虐行為ともいえる。



戦争は何の罪もない人々が深く苦しみ死んでいく。すごくすごく残酷な現実です。こんな大変なことが過去ここ日本でも起こっていた、そして今も別の国では起こっている。すごく恐ろしいことだと実感しました。



タグ

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2019年11月13日

ootd

Mai

2019年11月12日

stussy

Mai

2019年11月11日

ootd

Mai

2019年11月11日

A.P.C.

Mai

2019年11月10日

ootd

Mai

2019年11月10日

NO TITLE

おかもとあき

2019年11月10日

すべての新着記事