私たちは1日に何回、

人生で何回、

人を喜ばせることができて、

人を喜ばせたことを実感できるんだろう。





人を喜ばせることはある意味無意識にできます。

飲食店やアパレルの店員さんだったら

お客様が美味しいものを食べることができたり

欲しい洋服を変えたら、

それはお客様にとって「喜び」「うれしい」になる。


自分がたとえ、

ちょっと嫌なことがあったりで

接客のモチベーションが普段より高くないとしても。





逆に、

「ああ、この人に喜んでもらえたんだ」って思えるような出来事って無意識ではなかなか起こりません。


けども、感じることによって

自分の心にも喜びや「うれしい」という気持ちが溢れる。


これってほんとうに、

素敵なことだと思います。





人にたくさん喜んでもらうため

自分もそうしたことを実感するために。


私は常に、

気持ちを言葉にして相手に伝えるようにしています。


相手が喜ぶような安心するような言葉を。





接客の場合、

ジムでもサロンでも緊張している人には笑顔をみせたり

「大丈夫ですよ!」と伝えたり。

綺麗になった方がいれば

「綺麗になりましたね!」「体すごく引き締まりましたね!」というようにしています。




いわゆる、コミュニケーションです。




相手の心の扉を開いてもらうには

自分の心の扉を開いて、

タグ

🗣🇺🇸🇯🇵🇰🇷 1995/5/20
Energy fit trainer/grico receptionist♡🕊
Life adviosor&セミナー講師

このブロガーの新着記事

モデル の新着記事

すべての新着記事

Now Loading...