ずっとジメジメした考えしかできない私だけど、こんな自分と付き合いながら生きていくしかないんだと開き直れば、幾分かましになった。


嫌なことや辛いことは誰にでもあるんだし、その分、楽しいことや嬉しいことが大きくなる。

そうやって、うまく自分自身でバランスをとりながら生きていくしかない。

人間なんてみんな孤独で、ひどく面倒くさい生き物なんだから。


ひどく落ち込んでも、ずっとくよくよしないこと。

自分の機嫌は自分でとる。

羽目を外すときも必要。

周りの目なんか気にしても、たいてい誰も見ていないから気楽に。

自分を安売りしない。とは言っても、プライドが高すぎるのもだめ。ほどほどに。

周りの環境のせいにしない。

自分が変わる。ゆっくりでいいから、少しずつ、時間はたっぷりある。だけど、有限だ。

自立することは難しいけれど、自立する。


私が社会からはじき出されて約2年。

無駄じゃないと思えるように、生きていく。今は急に大きく変わることはまだできないけれど、ゆっくり、少しずつ、社会に順応していく。

それが、なんとなく感覚でわかる。

蒸し暑い晴れた夏のお風呂の中で。


怠惰の代償は大きい。


このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...